※低価格※ 1cm単位 アルミブラインド 遮熱 幅108cmx高さ97cm トーソー 【WEB限定】 SALE 95%OFF 1セット 直送品 rzn5835_w108h97r

※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm rzn5835_w108h97r 1セット トーソー(直送品)

3545円 ※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm rzn5835_w108h97r 1セット トーソー(直送品) オフィス家具/収納 カーテン/ロールスクリーン/ブラインド ブラインドカーテン アルミブラインド<遮熱> 幅108cm トーソー_1 ※低価格※ 1cm単位 アルミブラインド 遮熱 幅108cmx高さ97cm トーソー 【SALE/95%OFF】 1セット 直送品 rzn5835_w108h97r ※低価格※ 1cm単位 アルミブラインド 遮熱 幅108cmx高さ97cm トーソー 【SALE/95%OFF】 1セット 直送品 rzn5835_w108h97r 3545円 ※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm rzn5835_w108h97r 1セット トーソー(直送品) オフィス家具/収納 カーテン/ロールスクリーン/ブラインド ブラインドカーテン アルミブラインド<遮熱> 幅108cm トーソー_1 /neologism1090228.html,www.icatsin.edu.mx,※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm,1セット,3545円,rzn5835_w108h97r,トーソー(直送品),オフィス家具/収納 , カーテン/ロールスクリーン/ブラインド , ブラインドカーテン , アルミブラインド<遮熱> 幅108cm トーソー_1 /neologism1090228.html,www.icatsin.edu.mx,※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm,1セット,3545円,rzn5835_w108h97r,トーソー(直送品),オフィス家具/収納 , カーテン/ロールスクリーン/ブラインド , ブラインドカーテン , アルミブラインド<遮熱> 幅108cm トーソー_1

3545円

※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm rzn5835_w108h97r 1セット トーソー(直送品)

商品の特徴 遮熱加工済みで羽根幅は標準の25mm。取付けはワンタッチブラケットでとても簡単です。操作棒は左右変換可能。
商品仕様 メーカー トーソー ブランド トーソー(TOSO)
取付方法 ワンタッチブラケットを採用しているので、本体とブラケットの固定がワンタッチ式で取り付け、取り外しが簡単にできます。 作業人数 取付作業は、通常1人での作業が可能です。取付場所・製品サイズによっては、2人での作業がスムーズな場合がございます。
操作方法 スピード調整&自動降下・ストップがワンタッチでできるので大型窓でも操作が楽に行えます。 遮熱 太陽光の中で暑さを感じさせる日射の約50%は赤外線です。その赤外線を羽根(スラット)表面にコーティングした遮熱塗料で反射し、熱エネルギーの発生と室内への侵入を低減します。
原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください スラット:アルミ ヘッドボックス:スチール ボトムレール:スチール カラー 遮熱ホワイト
寸法 幅108cm×高さ97cm 原産国 日本
操作位置 羽根の角度の調整はロッド棒、ブラインドを上下したいときは昇降コードで操作するシンプル操作です。操作棒の左右交換が可能。 nbsp; nbsp;

「寸法」 違いで 全100商品 あります。

備考 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。
セット内容は「ブラインド本体(コード50cm)・ブラケット(2個)、木ネジ、カーテンレール取付金具(必要数)」です。









※低価格※【1cm単位】アルミブラインド<遮熱>幅108cmx高さ97cm rzn5835_w108h97r 1セット トーソー(直送品)

2022年4月13日 (水)

マカイバリ茶園に象が現れる!

マカイバリ茶園に象が現れました!

マカイバリ茶園の茶畑を歩く象。マカイバリ茶園に野生の象が突如現れました。象は群れで生活する動物ですが、この象は群れから離れたのでしょう。
茶畑の2倍の広さの原生林をもつマカイバリ茶園。野生のトラや豹、猿などが生息しています。しかし、象が現れたのは初めてです。
象はインドでは神聖な動物です。きっとマカイバリ茶園に幸せを運んでくれたのでしょう。
写真はマネージャーのサンジャイ・ダス氏がとったものです。

| | コメント (0)

«2022マカイバリ茶園の春